Happyでいれるために

常に心がハッピーでいれることは美と健康に大切な事。

幸せな気分にさせてくれる神経伝達物質のセロトニンです。セロトニンは起きている間一定のリズムで脳全体に指令を送っています。

喜びなどの感情のドーパミンや、恐れ驚きなどの感情ノルアドレナリンなどをコントロールして精神を安定させる作用があります。

セロトニンが不足すると寝付きが悪くなったり、感情が不安定になったり心と身体のバランスが崩れてしまう事にもなりかねません。またセロトニンが増えると、前向きな気持ちになりストレスへの免疫が強くなり美肌へも効果が高いのです。

セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸の一種が原料となります。Vegan目線でいうとナッツ 大豆にも多く含まれています。他には小豆など。また、セロトニンに変換するにはビタミンB6、マグネシウムなどもバランスよく摂取をすることも必要です。

できる限り毎日の食事からセロトニンを作る栄養素を摂る事が大切です。セロトニンを増やすには太陽の光を浴びる事も30分ほどでいいので必要です。
そしてウォーキングやエアロビクス、ジョギング、など呼吸に気を配るリズミカルな運動も大切です。

是非日常の何となくできることからHappyを引き寄せましょう。

箕面の山へむかってウォーキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました